MACH

COMPUMA

NOISE

COMPUMA something about #52
NIKAKOI / Raise Your Head And Smell The Air

nikakoi.jpg

http://www.newtone-records.com/item/n_t0082549.html


2000年代初頭、エレクトロニカ・シーンにメランコリック・センセーショナルに登場した、グルジア共和国(現ジョジア)の音楽家・映像作家 NIKAKOIことニカ・マカイの8年ぶりの新作EPアナログ盤12インチ。健在の品格にうっとりする。


August 31, 2017

NOISE

COMPUMA something about #51
MOCKY / How To Hit What And How Hard (The Moxtape Vol.4)

mocky.jpg


http://windbelljournal.blogspot.jp/2017/06/mocky-how-to-hit-what-and-how-hard.html


Mocky!!!日本のみフィジカルでの先行CDリリース新作!!!

モッキー・マジック・ミラクル炸裂。愛情たっぷりのニンマルなリリース。


August 22, 2017

NOISE

COMPUMA something about #50
JACKIE MITTO / Striker Showcase

jackie mittoo.jpg


http://www.newtone-records.com/item/n_t0080663.html


名手達と共に紡がれた、時折はいる鼻歌も最高に心地よく沁みるジャッキー・ミットゥーの数ある名作の中のオルガン・インスト名作ダブ・アルバム、1976年「The Keyboard King」1978年「Showcase」1977年「Hot Blood」の3作を2CDにまとめた名復刻2CD。


August 15, 2017

NOISE

COMPUMA something about #49 / 森俊二 / Hatch Back vol.1.2.3

森俊二_hatch back.jpg


http://www.newtone-records.com/artist/森俊二(Natural+Calamity+_Y_+Gabby+_AND_+Lopez


Natural CalamityGabby & Lopezの森俊二さんのMIXCDRシリーズ。vol.1.2.3の3枚それぞれが最高なのです。幅広い音楽への深い造詣と気品とセンス、Natural Calamity、Gabby & Lopezの音楽からも感じ取れるそのルーツまでもを垣間みる事のできる、気持ちのこもった選曲と絶妙のミックス感覚で丁寧に謙虚に紡がれる、たおやかに時間が流れていく素晴らしき音楽時間の体験。愛情たっぷりのハンドスタンプ・ハンドメイド・ジャケット装丁も愛情たっぷり。


August 10, 2017

NOISE

COMPUMA something about #48
郡上白鳥 / 白鳥おどり 白鳥の拝殿踊り 石徹白民踊

郡上白鳥.jpg


http://www.newtone-records.com/item/n_t0082503.html


朗々たる歌声と手拍子、そして神社拝殿の床板を踏み鳴らす下駄の音で、先祖のタマシイを鎮魂、霊魂される岐阜フォルクローレである、「白鳥おどり」と「白鳥拝殿おどり」「郡上おどり」をレコーディングしたもの。静けさの中の美しいグルーヴ、魂を揺すぶられる。凄い。


August 5, 2017

NOISE

COMPUMA something about #47
ASC / Trans Neptunian Objects

asc_trans neptunian objects.jpg

http://www.newtone-records.com/item/n_t0082352.html


名手ASCによる「Trans Neptunian Objects(太陽系外縁天体)」と名付けられた惑星をめぐる自然宇宙科学アンビエント傑作。ディープリスニング音響体験をぜひ。


July 14, 2017

NOISE

COMPUMA something about #46
CIYO / So Inviting

ciyo_so inviting.jpg

「Breezin」のレゲエカヴァー最高に心地いい、レゲエ版ジョージ・ベンソン的なアーバン・ジャジー&フュージョン・メロウな1991年の秘かなるラヴァーズ名作。気持ちいい?。

http://newtone-records.com/item/n_t0075459.html

July 8, 2016

NOISE

COMPUMA something about #45
VA / The Ladies Of Too Slow To Disco

va_the ladies of too slow to disco.jpg

VA / The Ladies Of Too Slow To Disco

毎回塩梅がちょうどいい1970年代後半のAORスローディスコ&ソウル名曲セレクション・コンピレーション人気シリーズ「Too Slow To Disco」最新作は女性編。
今回も素敵すぎます。ブリージン&メロウ爽快な心地よさ。これからの季節、エヴァーグリーンにリスニング大活躍してくれそうです。

June 24, 2016

NOISE

COMPUMA something about #44
KAITLYN AURELIA SMITH / Ears

kaitlyn aurelia smith_ears.jpg

USワシントン・オーカス島の新世代女流電子音楽家ケイトリン・アウレリア・スミスのセカンドアルバム。ブックラー・シンセ、木管四重奏、自身のヴォーカルも自在に取り入れて緻密にアレンジ構築した、女性的な柔らかさに満ち溢れたオーガニック夢見心地のニューエイジ・エレクトロニクス・サイケデリック桃源郷アンビエント。

YOUTUBE:

http://newtone-records.com/item/n_t0077052.html

June 10, 2016

NOISE

COMPUMA something about #43
CATHERINE CHRISTER HENNIX / Central Palace Music from 100 Model Subjects For Hegikan Roku

catherine christer hennix_central palace music from 100 model subjects.jpg

CATHERINE CHRISTER HENNIX / Central Palace Music from 100 Model Subjects For Hegikan Roku

ラ・モンテ・ヤング、そしてインド古典音楽のラーガ・グルーであるパンデット・プラン・ナートに出会いミニマリズムに傾倒した北欧スウェーデンの女性エレクトリック・ハープシコード奏者Catherine Christer Hennixの1976年スウェーデン・ストックホルムの美術館で8日間にわたり開催されたモダンアート・フェスでの演奏45分47秒におよぶ音源の初CD化。自作サイン波マシーンとライブ・エレクトロニクス、木管楽器オーボエ、中国式笙によるアンサンブル。東洋思想からの強い影響のもとでミニマルにドローンに奏でられた知覚の扉を開く事が試みられた「茶の楽」ともタイトルされた瞑想トリップ音楽。

June 7, 2016

NOISE

COMPUMA something about #42
CATHERINE CHRISTER HENNIX / Live At Issue Project Room

catherine christer hennix_live at issue project room.jpg

ラ・モンテ・ヤング、そしてインド古典音楽のラーガ・グルーであるパンデット・プラン・ナートに出会いミニマリズムに傾倒した北欧スウェーデンの女性エレクトリック・ハープシコード奏者Catherine Christer Hennixのまさかの最新作。インド古典音楽のラーガをテーマにめくるめくヴォーカリスト達がリレーされてメドレー&ミックスされながら徐々に深く深く瞑想へと誘われる1時間19分15秒にわたる悠久のディープ・エレクトロニクス・ドローン・ラーガ桃源郷な名演。2014年4月24日午後8時、NY Ultima Fes「Issue Project Room」での演奏の記録。

http://newtone-records.com/item/n_t0076921.html

May 31, 2016

NOISE

COMPUMA something about #42
JAMES HOLDEN & CAMILO TIRADO / LUKE ABBOTT / Outdoor Museum of Fractals / 555Hz

テリー・ライリー80歳の誕生日を祝うイベント出演後に録音された、鬼才James Holdenのモジュラーシンセとタブラ奏者Camilo Tiradoによるサイケデリック・ニューエイジでメディテーショナルなアルペジオ・ドローン・ミニマル・セッションの「Outdoor Museum of Fractals」、アナログ・モジュラー・シンセ名機Doepfer、ステレオ・アナログ・フィルター、チベットのゴングを使用した30分以上におよぶスピリチュアルで瞑想密教的ドローンミニマル・エレクトロニクスのトリップ名演「555Hz」フリークアウト。


LINK

http://www.newtone-records.com/item/n_t0076196.html


outdoor museum of fractals.jpg



<>
April 25, 2016

NOISE

COMPUMA something about #41
JUAN FORMAL & LOS VAN VAN / Early Days 1970-1980

南米キューバの国民的グループ、ロス・バン・バンの知られざる最初期1970-1980年のサイケデリック・エクスペリメンタル実験的なトラック集。凄いです。めちゃくちゃかっちょいいデスカルガ。攻めのアイデアと空気感、演奏力と技術とアンサンブル&セッション感覚が見事に一体化されております。


LINK

http://www.newtone-records.com/item/n_t0076154.html


los van van_early days.jpg

April 19, 2016

NOISE

COMPUMA something about #40
THE JACK MOVES / The Jack Moves

60年代70年代のスウィート・ソウルへの敬愛が現代へ甦った。完全なるLow Rider甘茶。ファルセット・チリン。むせび泣き。メロウ・アーバン・ソウル&ブギー。モダンなヴィンテージ・ソウル。MVがとにかく最高すぎました。


LINK

http://www.newtone-records.com/item/n_t0075755.html


the jack moves.jpg


April 1, 2016

NOISE

COMPUMA something about #39
INTERSYSTEMS / Intersystems

1960年伝説のINTERSYSTEMS(インターシステムズ)の全作品を収めたアーカイヴ500枚限定の3CDボックス・セット。唯一無二のサイケデリック・アウトサイダー電子音楽最高峰。グレイトすぎる。次の世代へ受け継がれるであろう伝説中の伝説の音源と記録が半世紀近い年月を経て、遂に完璧にまとめられた。3LP+アートブックのアナログボックスと、3CD+ブックレットのボックスも限定で発売された。
LINK: http://www.newtone-records.com/item/n_t0075525.html
intersystems3lp.jpgのサムネール画像
March 28, 2016

NOISE

COMPUMA something about #38
BERNARD FORT / Nocturnes Du Monde

「南フランス南東部プロヴァンスの夜」「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜」での蛙達の合唱、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透する「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜」アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな「アフリカ・ケニアの夜」4ポイントでの穏やかで美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。


LINK

http://www.newtone-records.com/item/n_t0075553.html


bernard fort_nocturnes du monde.jpg



March 23, 2016

NOISE

SOMETHING IN THE AIR
the soul of quiet light and shadow layer
COMPUMA feat. 竹久圏

COMPUMAによる、初のオリジナル作品が、
竹久圏(KIRIHITO/GROUP)をフィーチャーして 自身のレーベルSOMETHING ABOUTよりリリースされます。

2015年9月19日(土)発売予定。

COMPUMA_SOMTHEINGINTHEAIR.pngのサムネール画像

SOMETHING IN THE AIR
the soul of quiet light and shadow layer
COMPUMA feat. 竹久圏

京都の老舗茶問屋、宇治香園の創業150年を記念して制作されたもので、COMPUMAが、 KIRIHITO、GROUP等の活動で知られるギタリストである盟友 竹久圏と共に、京都府南部 の山間の茶園でのフィールド・レコーディングやギター演奏を中心に、エレクトロニクス、加工編集ミックスを施して完成させた、 めくるめく音の風系が広がるイマジナリーでランドスケープな、 茶と茶園たちに捧げられた42分ほどの音のドラマ。
アートワークは、近年、国際的な評価も高まっている画家・五木田智央による書き下ろし と、写真家・塩田正幸の撮り下ろし、鈴木聖のデザインによるもので、 今作は、「茶」と「音」と「光」の出会いによる記録ともなっている。

「SOMETHING IN THE AIR」に寄せて

はじめまして。株式会社宇治香園の小嶋宏一と申します。
私は、京都南端の茶処、山城で茶師をしております。茶師とは、お茶の色、形、香り、味を利 き分け、組み合わせ、代々続く銘柄を作る、お茶の調合師のような仕事です。
私はお茶が大好きで、なんとかこの魅力をさまざまな人にお伝えしたいと思っています。

また日頃より、「茶」と「音」と「光」は、纏いは違えど根っこではつながっていると考えており、創業百五十年の記念すべき年には、なにか「茶」と「音」と「光」が出会うこと(物作りやイベント)をしたい、とぼんやり考えていました。
またそれは、普段「茶」になじみの無い人が「茶」に触れる、「音楽」「アート」になじみの無い人がそれに触れる、そんな機会になればいいなとも考えていました。

この度、当社が創業百五十年を迎えるにあたり、その記念のノベルティとして、学生時代から (一方的に)お世話になっているCOMPUMAさんに、CDを制作していただくことになりまし た。最初こちらとしては、当社の日本茶喫茶で流すBGM用のミックスCDとかコンピレーショ ンを念頭に、軽い感じで考えていたのですが、制作を進めるうちにどんどん深化して、ギター で竹久圏さん、ジャケットアートに五木田智央さん、写真で塩田正幸さん、デザインに鈴木聖 さん、という布陣で制作を進めるプロジェクトにまで発展いたしました。

今回、このプロジェクトに携わってくださる皆さんには、まず、さまざまな京都の山間の茶園をご覧いただきました。山間の茶園というのは、時間帯や光の加減で表情が千変万化し、何の変哲もないのどかな・・・という時もあれば、子供が遊んでいたらフッと消えそうなくらい、不気味な時もあったりします。その荒々しくも神秘的な姿に、皆さん一様に強い印象を受けておられるようでした。

また当社の茶工場では、お茶作りの肝となるブレンド工程をご覧いただきました。 たとえば、当社で百年くらい続く銘柄「煎茶 清風」の風味は、単一の茶園ではなく、異なる風 味の複数の茶園の茶葉を組み合わせ、調和させることで生み出すことができます。
こうしてブレンドされ生み出されたお茶は、もともとは植物の葉であり、目に見える物質で す。が、急須の先からこぼれた茶を口に含むと、あとは目に見えない体感だけが残ります。そ して、先味→中味→後味→余韻と、漸次的変化を体感します。これは、お寺の鐘の音が「ゴオ オオオンンンン・・・」とアタックから減衰して消えゆくまでの体感の変化と、とてもよく似 ています。お茶をブレンドするということは、この目に見えない体感を、伸ばしたり縮めたり して、創造することかなと思っています。
そして、この目に見えない体感こそが「茶」の本体、「茶」そのものだとも思っています。 皆さんには、そんなことをお話しさせていただきました。

そうして、ここでの出来事がきっかけとなり、音源制作の方向性が大きく決まっていったよう に思います。本年6月初旬には、実際にその茶園や茶工場でフィールドレコーディングと、ギ ター演奏の録音を行いました。途中、山蛭に襲われたり、ちょっとスリリングな瞬間もありま したが、皆さんものすごく集中して取り組んでくださり、なんとか無事、完成いたしました。 忍耐強く関わってくださった皆さんに、心より感謝申し上げます。

最初は一企業の記念品として出発しましたが、最終的には完全にCOMPUMAさんのオリジナ ル作品となりました。と同時に、お茶をテーマとして素晴らしい音楽、アート、写真、デザイ ンが集った、「茶」と「音」と「光」の出会いの記録にもなっています。これは、作為的に企 てたことではなく、ごくごく自然に生まれ落ちたという印象があります。なぜこうなったの か、実は今でもよくわからないのですが、なにか特別な「場」の力というものも働いていたの かもしれません。
いずれにせよ、このような特異な創造の現場に立ち会えたことは、私にとって貴重な宝物にな りました。そしてこの作品が、自分や携わってくださった皆さんのみならず、まだ見ぬ未来の 仲間となるような方々の宝物となってくれたら、とてもうれしく思います。
そして願わくば、また新たな「茶」と「音」と「光」の出会う場が生まれますことを。


株式会社宇治香園
代表取締役 小嶋宏一

COMPUMA_UJIKOEN.pngのサムネール画像
宇治香園
慶應元年(1865年)に京都山城で創業し、本年9月に150年を迎える、
茶ひとすじの老舗茶問屋。
http://www.ujikoen.co.jp

COMPUMA(松永耕一/KOICHI MATSUNAGA)
1968年熊本生まれ。ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組のメンバーとして、SPACE MCEE'Z(ロボ宙&Zen-La-Rock)とのセッション等を経て、 DJとしては国内外の数多くのアーチストDJ達と の共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを 横断したイマジナリーな音楽世界を探求している。自身のプロジェクトSOMETHING ABOUTからMIXCDの新 たな提案を試みたサウンドスケープなミックス「Something In The Air」シリーズなど意欲作も多数。 Dr.Nishimura(Discosession)、Awanoと共に、悪魔の沼クルーとしても活動中である。一方で、BGMをテ ーマに選曲したコンピレーションCD「Soup Stock Tokyoの音楽」など、音と音楽にまつわる様々なシーンで 幅広く活動している。2015年9月、京都の老舗茶問屋、宇治香園創業150年記念として、KIRIHITOの竹久圏を 大きくフィーチャーした初のソロ作品「SOMETHING IN THE AIR -the soul of quiet light and shadow layer-」を発表する。10月には、em recordよりリミックス/リコンストラクトを手掛けた初の12インチ・アナ ログEPのリリースも予定している。http://compuma.blogspot.jp/

竹久 圏(TAKEHISA KEN)
ギタリスト兼ボーカリスト兼コンポーザー兼プロデューサー。10才の時にクラッシックギターを始める。12才 でパンク・ニューウェーブに打ちのめされる。94年、DUO編成のロックバンド"KIRIHITO"を結成。ギター、ボ ーカル、シンセ(足)を同時にプレイするスタイルで、ハイテンションなオリジナルサウンドを構築。その唯一無 比のサウンドとライブパフォーマンスは海外での評価も高く、現在までに通算4枚のアルバムをリリースしてい る。2006年にはソロアルバム「Yia sas! / Takehisa Ken & The Spectacrewz (power shovel audio)」を発 表。ダブ、ハウス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニカ を竹久独特のギターリフで繋ぐ、あらゆるジャンル の才能とのコラボレーションとなる大作となった。繊細かつダイナミズムな音楽性のインストバン ド"GROUP"、DISCOでPUNKな魅力溢れる"younGSounds"にもギタリスト兼コンポーザー、あるいはアイデア マンとして参加中。その他にも、UA,FLYING RHYTHMS,イルリメ,一十三十一,やけのはら,田我流 等のライブバ ンドや録音にも参加している。これら完全に趣きの異なる様々なバンド活動以外にも映画音楽の制作やバンドプ ロデューサーとしての顔も見せ始め、活動のフィールドを拡げている。 http://www.takehisaken.com/

五木田智央(TOMOO GOKITA)
1969年東京都生まれ。2000年、リトルモアより作品集『ランジェリー・レスリング』を出版。カルト的な人 気を集める五木田の初期作品は、おもに紙に即興的に描かれたドローイングであり、展覧会の場で発表されるだ けでなく、むしろイラストレーションとして、また美術系雑誌を媒体として数多く発表されている。近年に描か れたカンヴァスにグワッシュを用いた白黒のシュールな人物像は、いち早くニューヨークやロサンゼルスで注目 され、現在は美術の世界にとどまらず音楽・出版・ファッションなど各方面に活躍の場を広げている。 http://www.tomoogokita.com

塩田 正幸 (MASAYUKI SHIODA)
2002年にファースト写真集『NPEAKER』に続き2005年『LIFE HUNTER』、2009年『ANIMAL SPORTS PUZZLE』などを出版。個展など作家活動やCD、絵本、雑誌などコマーシャルな活動など多岐にわたり活躍。

鈴木聖(SATOSHI SUZUKI)
1980年生まれ。アートディレクター/グラフィックデザイナー。 国内外で書籍、写真集、CDジャケットやファッションブランド等多方面にて活躍中。 最近の仕事に、復刊したSTUDIO VOICEのアートディレクション、大友良英「ギター・ソロ 2015 LEFT」のデ ザイン等。

August 17, 2015

NOISE

COMPUMA something about #36 Torodi / HAMA


com36_hama_torodi1.jpg
com36_hama_trodi2.jpg


西アフリカ・ニジェールの首都ニアメの路上アーチストHAMAによるカシオトーンばりのチャカポコ・リズムマシーン内蔵のYamaha PSRシンセのみによる、サン・ラからデトロイトテクノまで繋がるアシッド覚醒なぬるま湯インタープレイによるDIY宇宙。


April 3, 2015

NOISE

COMPUMA something about #35 Rapture / TROPICS


com35_tropics_rapture.jpeg


柔らかでレイドバック&メロウ、ブルーアイド・アンビエントR&Bソウルのエレクトリックでクワイエットストームな魅惑。


YOUTUBE

March 27, 2015

NOISE

COMPUMA something about #34 Phobos / NEEL


com34_neel_phobos.jpg


フィールドレコーディングとエレクトロニクスによる静謐な内的宇宙。

ナショナル・ジオグラフィックやアイマックス的な好奇心を刺激してくれる知覚と聴覚の冒険心をイマジナリーにアンビエントに刺激してくれる。


vimeo


March 16, 2015

NOISE

COMPUMA something about #33
Psalm / ESPEN ERIKSEN & GUNNAR HALLE


espen eriksen_psalm.jpg


北欧ノルウェイ・オスロから届いた「Psaim(賛美歌)」と名付けられた、
淡い絵画のような優しいメロディと童話のようなまどろみの詩情。



March 9, 2015

NOISE

COMPUMA something about #32
The Gin Diaries / SUFF DADDY

SuffDaddyTheGinDiaries.jpg


ゆっくりと時間と空気が流れていく、
極上のアンビエントでイージーリスニングな
インストゥルメンタル・ヒップホップ・ソウル。

March 2, 2015

NOISE

COMPUMA something about #31
2YANG / Fastest Laidback

2yang_fastest laidback.jpg

Fastest Laidback / 2YANG 

噂の鬼才2YANG画伯のこれまでをまとめた初の作品集。

冬のぽかぽか陽気の中、最高のBGMと共に、ロマンにひたりながら、

時空を空間を自在にタイムスリップしてレイドバックさせてくれる詩情のマイタイムが保証されます。

マインドジャーニーが広がる。

YOUTUBE


February 11, 2015

NOISE

COMPUMA something about #30
Represencing / JOSHUA ABRAMS


joshua abrams_represencing.jpg


Represencing / JOSHUA ABRAMS

北アフリカ・モロッコのトランス音楽グナワ的なポリリズム、クラウトロック的ミニマリズム覚醒、そしてジャズな感覚を独自追求した、シカゴ音響派タウン&カントリーのJOSHUA ABRAMSの地平。2012年にアナログのみでリリースされていたのですが、2014年待望のCD化。同時にCD化となったもう一枚「Natural Information」もかっこいい。

YOUTUBE


February 4, 2015

NOISE

COMPUMA something about #29
Benhayyi Al-Baghbaghan (Salute the Parrot)/ MAURICE LOUCA


maurice louca_benhayyi al-baghbaghan.jpg


エジプト・カイロのエレクトロニック・アコースティックな伝統とフューチャーが見事に融合した新世代シャアビ注目アーチストUK在住Maurice Loucaによる凄いアルバムが出た。ダビー&ダウンテンポなサイケデリック・シャアビ問題作。かっちょいい。

YOUTUBE



January 30, 2015

NOISE

COMPUMA something about #28
Avonmore / BRYAN FERRY


bryan ferry_avonmore.jpg


すでに話題版ですが、アナログもCD付きで180g重量盤でリリース。

豪華ベテラン名手達の夢のサポートの中、耽美なダンディズムの魅惑が贅沢に溢れ出てる傑作。

個人的にはTodd Terjeとの共作で、ロバート・パーマーの1980年の青春の名曲

「Johnny and Mary」のアダルティでバレアリック・ドリーミーなカヴァーに泣けました。


January 26, 2015

NOISE

COMPUMA something about #27
Legao / ERLEND OYE


erlend oye_legao.jpg


北欧ノルウェイThe Kings Of Convenienceオーランド・オイエの11年ぶりのソロ新作は、ほどよいレゲエ風味のフォーキーAORディスコ&ソウル。ふんわり胸キュン。


YOUTUBE



January 19, 2015

NOISE

COMPUMA something about #26
Casino / TAPE

tape_casino.jpg


郷愁のセンチメンタル・フォーキーな森林ポストロック・ギター・エレクトロニカの真髄。

北欧スウェーデン・ストックホルムの名トリオTapeの新作。アダルト世代にもメランコトリック心地いい、

淡い色彩画のような微睡みのアンビエント・フォーク・エレクトロニカ名作。




January 14, 2015

NOISE

COMPUMA something about #25
Quixotism / OREN AMBARCHI


OREN AMBARCHI_Quixotism.jpg


Quixotism / OREN AMBARC

オーストラリアのサウンドアーチスト名手Oren AmbarchiEditions Megoからの新作。ドイツのクリックミニマルテクノ大御所 Thomas BrinkmanJim O'roukeのギター、日本を代表するタブラ奏者U-zhaanらとのセッション。全5章におよぶ、スティーヴライヒなどのアカデミックでミニマルにも通じるエレクトロニクスの淡々としたテクノなリズムを中心に、様々な具体音やタブラなどが、気品と実験精神の絶妙なバランスの中で交錯しグルーヴして展開されていく。

音像に惹き込まれる。


YOUTUBE


January 6, 2015

NOISE

COMPUMA something about #24
Neroli / BRIAN ENO


brian eno_neroli.jpgのサムネール画像


BRIAN ENO / Neroli


ブライアン・イーノの90年代のムーディーなオーガニック・アンビエントの傑作「Neroli」が、2枚組CDでリマスタリング・リイシューされて、うれしい事に、もう一枚のボーナスディスクには、1992年制作のオルガンドローンによる完全未公開作品「New Space Music(1:01:25)」が収録されており、まさに重力からも解放されたかのようなロマンチックなミニマルアンビエント・ドローンの宇宙空間が広がっている。魅惑。  


YOUTUBE



December 30, 2014

NOISE

COMPUMA something about #23
NAOJI KILLS 2 / SHOGUN NAOJI


shogun naoji_naoji kills2.jpg


これはどういう存在意味なのか?何のためなのか?どこに向って進んでいくのか?まったくもって分かりませんが、とにかくすごいとしか言いようのない大問題作。シュールでも無く、バカウケでも無く、どこかしらラグジュアリーに、そしてラウンジーにさえ聞こえてきて、心の終着駅的な平穏がやってくる。大阪発!SHOGUN TAPESの発明家ショーグン・ナオジによる話芸カットアップ・メロウドラマの愛の宇宙。


December 24, 2014

NOISE

COMPUMA something about #22
LES SINS / Michael


Les Sins_Michael.jpg

LES SINS / Michael


PVのなんともな空気感、脱力爽やかほのぼのオモシロイ?。

TRO Y MOIのCHAZの変名ユニットLES SINSのアルバム。遊び心にニンマリ。


YOUTUBE


December 17, 2014

NOISE

COMPUMA something about #21
GABRIEL GARZON-MONTANO / Bishoune: Alma del Huila

GABRIEL GARZON-MONTANO.jpg

GABRIEL GARZON-MONTANO / Bishoune: Alma del Huila 

コロンビア人の父とフランス人の母をもつニューヨーカーで、スライやディアンジェロの影響はもちろんの事、
セクシーでアンビエンスな有機的で、空気の澄んだフレッシュな世界観が気持ちいい新世代大注目のレクイエム
的R&Bソウル・アーチストGabriel Garzon-Montanoの傑作デビューEP。 


December 14, 2014

NOISE

COMPUMA something about #20
GIRL! The Last Demo Recordings / BUN666


bun666.JPG

GIRL! The Last Demo Recordings / BUN666


故BUN666(西堀文啓)の残されたデモ音源をリストア&オーガナイズした少数プライヴェート・リリースのトリビュート盤。ロフト、パラダイス・ガラージュを経由したオリジナリティに満ち満ちた唯一無二のブルージーでふわふわとしたサイケデリックな感性のギター・インプロヴァイゼーションの宝物。そして歌声。何とも形容しがたくトロけます。プライヴェート空間に共鳴する音楽。


June 2, 2014

NOISE

COMPUMA something about #19
Isle Of Magic / MOP MOP


mop mop_isle of magic.jpg


EXOTIC VOODOO. AFRICAN PERCUSSION & JAZZ FUNK & DUB. PSYCHEDELIC & SEXY. イマジナリー広がるクロスオーバーな至福のグルーヴ。Anthony Josephのラスト・ポエッツばりの朗読もクール&セクシーでかっちょよい。Mr JB's Fred Wesleyのトロンボーンもブロウ・ユア・ヘッド!!!ヴィブラフォンにマリンバ、スティールパンのカリビアンなグルーヴも至福。



May 21, 2014

NOISE

COMPUMA something about #18
Sounds of Silence / VA


va_sounds of silence.png



Andy Warhol、John Lennon & Yoko Ono、Ciccone Youthに、Sly & The Family Stoneに、Crass、John Denverに、Robert Wyatt、Orbitalに、Afrika Bambaataaまでの音楽史に残るサイレント・トラックだけを全30曲集めた、後世まで語り継がれるであろう最高にくだらなく最高すぎる、「Sounds Of Silence」なサイレント・コンセプチャル・アート作品。いろんな無音ならではの深い趣と味わい。イタリア実験音楽名門Alga Marghenlからのリリース。

May 11, 2014

NOISE

COMPUMA something about #17 MARSEN JULES / Beautyfear

marsen jules_beautyfear.jpg


アンビエント才人Marsen Julesの自身のレーベルOktafからの最新作。12K主宰のTaylor Depreeによるマスタリングも手伝って、静謐の空間美が冴え
わたるポスト・クラシカルの気品のアンビエント名品となってい

April 21, 2014

NOISE

COMPUMA something about #16 YUMI ZOUMA / YUMI ZOUMA

yumi zouma.jpg


ニュージーランド出身NY&パリで活動するキュートな新人YUMI ZOUMAのデビューEP!10インチ。ソフトなシンセとドリーミーで胸キュン青春なシンプルなトラックとアンニュイで柔らかなヴォーカルも超キュート。どこな懐かしく瑞々しくエヴァーグリーン。


April 10, 2014

NOISE

COMPUMA something about #15 Usted...el amor...y(フィーリンの結晶)/ JOSE ANTONIO MENDEZ


jose antonio mendez_usted...el amor...y.jpg

『フィーリンの誕生』&『フィーリンの真実』に続いて、フィーリンの至宝、ホセ・アントニオ・メンデスのメキシコ時代3部作の最後の作品となった1958年『フィーリンの結晶』も遂にCD化。10年間のメキシコ生活に終止符を打ち、革命後のキューバへ帰還、以降、キューバを拠点に活動することになった彼。その後のキューバ時代も素晴らしいが、メキシコ時代でしか味わえない唯一無二のメロウでロマンチックな世界観はこの3枚でしか味わえない。


November 13, 2013

NOISE

COMPUMA something about #14 The Endless Change of Colour / MARSEN JULES


MARSEN JULES_The Endless Change of Colour.jpg

古いジャズのレコードにインスピレーションをうけて制作された、アンビエント才人MARSEN JULESによる静寂の47分。教会音楽を彷彿させてくれるかのような温かみのあるソフトなシンセサイズされたいくつもの重なるレイヤーによるドローンは、モダンでクラシカルな優雅さと美しさで広がっている。何もおこらない美学と気品。


vimeo link


October 28, 2013

NOISE

COMPUMA something about #13 Selected Studies Vol.1 / LLOYD COLE & HANS-JOACHIM ROEDELIUS


LLOYD COLE & HANS-JOACHIM ROEDELIUS_Selected1 Studies Vol.1.jpg

80年代UKギターポップのいぶし銀SSWレジェンドのひとり、ロイド・コールがジャーマン・エレクトロニクス・アンビエント巨匠ロデリウス爺とコラボレーションした、熟練の箱庭エレクトロニクス・アンビエントの珠玉。歌声は封印しつつもえも言われぬ桃源郷な夢見心地。


youtube link


October 18, 2013

NOISE

COMPUMA something about #12 Daytime Viewing /
JACQUELINE HUMBERT & DAVID ROSENBOOM


Jacqueline+Humbert++David+Rosenboom+cover.jpg

アメリカ実験音楽巨匠で脳波を電子音に変換したバイオ・フィードバック・ミュージックの第一人者デヴィッド・ローゼンブームによる、1979-1980年にテレビドラマの為に制作された、ブックラー・シンセとドクター・リズムのエレクトロニクス・パーカッションを駆使した、女性Voによる学校の先生のような優しくキュートなテキストと歌声も素敵な、まさかのポップなアナザーサイドを発見することができる裏電子音楽ポップスのマスターピースの祝リイシューCD化。


youtube link


October 2, 2013

NOISE

COMPUMA something about #11 In St Cuthbert's Time: The Sounds of Lindisfarne and the Gospels / CHRIS WATSON

Chris_Watson-In_St_Cuthberts_Time.png
In St Cuthbert's Time: The Sounds of Lindisfarne and the Gospels / CHRIS WATSON


7世紀の修道院・福音書への想いを馳せる、

イギリスのホーリー・アイランド湖畔のロマンティックなサウンドスケープ。

湖畔の鳥などを中心とした生物達の表情豊かな生態とその環境の詩情溢れる音。

秀逸なアンビエント・メディテーション。

フィールドレコーディング作家の巨匠クリス・ワトソン爺の2013年新作。心落ち着く。


youtube link:




September 25, 2013

NOISE

COMPUMA something about #9
The Island Comne True / L.PIERRE


L.PIERRE %22The Island Comne True%22.jpg

お昼寝チリンな、イマジナリー広がる架空の楽園で繰り広げられる
優雅で気品のエキゾチック桃源郷アンビエント逸品。
ゆったりとした静かなさざ波の音、
そして景色が聞こえて、見えてくるかのような、
ドリーミーなでノスタルジックなコラージュ・ミックス。夢見心地。


April 20, 2013

NOISE

COMPUMA something about #10
am/rec / TENTOMUSIK



AMトラベル・アンビエント・ミュージックの黄昏とゆらぎ。
カモメのジョナサン。
すべて午前中に録音したからタイトルも
「am/rec」プレイボタンを押したその瞬間から
摩訶不思議な佇まいの水平線が広がる。


April 17, 2013

NOISE

COMPUMA something about #8
PATRICK FEASTER "Pictures of Sound:One Thousand Years of Educed Audio 980-1980"



驚異のリリース!
再生不可能とされた980-1980年という1000年の歴史に残された
自動演奏装置による音声記録を現代の技術で復元した稀にみる試みの成果。
音響技師Patrick Feasterさん監修による28トラックのCD+豪華ハードカバーのアートブック
(144pにもおよぶ数多くの手回しオルガンの楽譜を含めた貴重な資料、
制作の記録などを美術書レベルでまとめたもの)
自動演奏に夢想した歴史と未来への想いに寄り添ってみる。


April 5, 2013

NOISE

COMPUMA something about #7 VA "Personal Space -electronic Soul 1974-1984-"

今回ご紹介するのは、少々前のリリースで、各所で話題となっていたコンピレーションですが、

こちらでもぜひとも紹介させてください。

197401984年までの知られざるオブスキュアなリズムマシーンな

エレクトリカル・ソウルのみを17曲もコンパイルした誉れの逸品。

名仕事。


VA %22Personal Space -electronic Soul 1974-1984.jpg

Personal Space: Electronic Soul 1974-1984

March 22, 2013

NOISE

COMPUMA something about #8
PATRICK FEASTER "Pictures of Sound:One Thousand Years of Educed Audio 980-1980"

驚異のリリース!再生不可能とされた980-1980年という1000年の歴史に残された自動演奏装置による音声記録を現代の技術で復元した稀にみる試みの成果。音響技師Patrick Feasterさん監修による28トラックのCD+豪華ハードカバーのアートブック(144pにもおよぶ数多くの手回しオルガンの楽譜を含めた貴重な資料、制作の記録などを美術書レベルでまとめたもの)自動演奏に夢想した歴史と未来への想いに寄り添ってみる。


PATRICK FEASTER %22Pictures of Sound2.jpeg

PATRICK FEASTER "Pictures of Sound:One Thousand Years of Educed Audio 980-1980"

March 15, 2013

NOISE

COMPUMA something about #6 HAKOBUNE "Watching the Prescribed Burn"

今回ご紹介するのは、日本のアンビエント作家Takahiro Yorifujiのプロジェクト

Hakobuneのピースフルで美しく優しい、

どこか東洋的でメディテーショナルなHakobuneによる

安らぎのイマジナリーなサウンドスケープ・アンビエント。


HAKOBUNE %22Watching the Prescribed Burn%22.jpg

HAKOBUNE "Watching the Prescribed Burn"


March 8, 2013

SHOP

TOWA TEI "EMO" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "EMO" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "EMO"

「EMO」LP、ハイレゾアルバム、iTunes発売!!

GBI Takkyu Ishino Remix

GBI Takkyu Ishino Remix

DJ RUBY / rubyin "Ancient Signature"

DJ RUBY / rubyin "Ancient Signature"

"SOUND OF MUSIC" TOWA TEI MACH Exclusive Pack

"SOUND OF MUSIC" TOWA TEI MACH Exclusive Pack

TOWA TEI " Heaven " MACH Exclusive Pack

TOWA TEI " Heaven " MACH Exclusive Pack

TOWA TEI with SHINICHI OSAWA "18" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI with SHINICHI OSAWA "18" MACH Exclusive Pack

Young Juvenile Youth "More For Me, More For You / Optique"

Young Juvenile Youth "More For Me, More For You / Optique"

Young Juvenile Youth "Anti Everything / No Red Lights"

Young Juvenile Youth "Anti Everything / No Red Lights"

TOWA TEI "LUCKY" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "LUCKY" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "Licht  / Katatagae (2013 Edit 01)"

TOWA TEI "Licht / Katatagae (2013 Edit 01)"

TOWA TEI "The Burning Plain" Punpee Remix

TOWA TEI "The Burning Plain" Punpee Remix

TOWA TEI "Wordy" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "Wordy" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "Wunderland" MACH 2012

TOWA TEI "Wunderland" MACH 2012

TOWA TEI "Alpha" Dorian Remix

TOWA TEI "Alpha" Dorian Remix

TOWA TEI "The Burning Plain"  Toshiyuki Yasuda REMIXIES

TOWA TEI "The Burning Plain" Toshiyuki Yasuda REMIXIES

TOWA TEI "Melancholic Sunshine" <br>Dj UPPERCUT with Sahteene Holiday Dub

TOWA TEI "Melancholic Sunshine"
Dj UPPERCUT with Sahteene Holiday Dub

TOWA TEI "SUNNY" MACH Exclusive Pack

TOWA TEI "SUNNY" MACH Exclusive Pack

Hiro Sugiyama "ABSTRACT PORTRAIT FOR MACH"

Hiro Sugiyama "ABSTRACT PORTRAIT FOR MACH"

iPole

iPole

SUNNY TOWA TEI FONT by TYCOON GRAPHICS

SUNNY TOWA TEI FONT by TYCOON GRAPHICS

TOWA TEI with BAKUBAKUDOKIN "Upload"

TOWA TEI with BAKUBAKUDOKIN "Upload"

TOWA TEI "The Burning Plain" (Replicant Mix by Souichiro Masutomi )

TOWA TEI "The Burning Plain" (Replicant Mix by Souichiro Masutomi )

TOWA TEI with Yukihiro Takahashi & Kiko Mizuhara  "The Burning Plain EP"

TOWA TEI with Yukihiro Takahashi & Kiko Mizuhara "The Burning Plain EP"

SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINE "ALIGINMENT EP"

SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINE "ALIGINMENT EP"

TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX<BR> #01 BY DJ UPPERCUT VJ by Enlightenment

TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX
#01 BY DJ UPPERCUT VJ by Enlightenment

12/24 On Sale at MACH.
 TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX<BR> #02 BY HOME CUT VISUAL MIX BY ENLIGHTENMENT

TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX
#02 BY HOME CUT VISUAL MIX BY ENLIGHTENMENT

12/24 On Sale at MACH.
TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX<BR> #01 BY DJ UPPERCUT

TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX
#01 BY DJ UPPERCUT

12/24 On Sale at MACH.
TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX<BR>#02 BY HOME CUT

TOWA TEI FLASH & BIG FUN MEGAMIX
#02 BY HOME CUT

12/24 On Sale at MACH.
BAKUBAKU DOKIN DEBUT EP

BAKUBAKU DOKIN DEBUT EP

12/24 On Sale at MACH.

MACH

[C] hug inc. ALLRIGHTS RESERVED.

CART